懐宝迷邦(かいほうめいほう)

懐宝迷邦(かいほうめいほう) 四字熟語辞典-Wordia辞書

用語の解説

四字熟語 懐宝迷邦
読み方 かいほうめいほう
意味 優れた才能をもちながら、それを活用している意味から。「懐宝」は宝物を懐中にしまっておくこと、「宝」はすぐれた才能のたとえ。「迷邦」は国が乱れているのをそのままにしておくこと。「宝(たから)を懐(いただ)いて邦(くに)を迷(まよ)わす」と訓読する。
英語表現
出典 「論語(ろんご)」陽貨(ようか)